こんなにすごいとは!チアシードの栄養、効果

近頃よく耳にすることが多い「チアシード」。最近ではスーパーだけでなくコンビニでも売られており、更に手軽にチアシードを取り入れることが出来るようになりましたね。

 

美容や健康に良いらしいけど、実際どう結果が期待できるかよく知らないという方。結構いるのではないでしょうか?一体どうスゴイのか、ご紹介したいと思います。

「チアシード」とは

チアはシソ科アオギリ属の植物で、主にメキシコ中南部やグアテマラで栽培されています。成長すると、高さ2メートル弱ぐらいにまで成長し、青紫と白のグラデーションのようなきれいな色の花を咲かせます。このチアの種(シード)がスーパーフードの「チアシード」なのです。

 

不飽和脂肪酸(オメガ3系)や食物繊維といった成分が豊富で、また亜鉛・鉄・カリウム・ビタミンB群など女性に必要な栄養素がたくさん詰まっています。手軽にたくさんの栄養が摂取でき、毎日の食事にも取り入れやすいのも人気の理由の1つですね。

チアシードの効果

チアシードには多くのの栄養が含まれており、その効能もたくさんあります。

 

『a-リノレン酸』は不飽和脂肪酸の1つで、アレルギーを抑えたりコレステロール値を下げたりする効能があります。体内で生成することが出来ない成分なので、食事で効率よく摂取することが大切です。

 

『食物繊維』も豊富に含まれています。食物繊維というとレタスを思い浮かべる方が多いと思いますが、そのレタス300グラム分の食物繊維がチアシードだと大さじ1杯で摂取出来てしまうんです!ダイエットや便秘解消の効果が期待できます。

チアシード購入のきっかけ

きっかけというのは母親のススメで、チアシードを購入しました。半年ほど前に、3ヶ月ほど病院に入院していたため、その間に激太りしてしまい、ダイエット方法を探していました。

 

はじめは、スーパーフードと言われているとか、テレビや雑誌でもよく取り扱っているとか、色々聞いたのですが、どれもこれもうんくさいなぁと思いつつ試してみることに。こんなもので痩せられるなら、誰でもこのチアシードってやつを買うよ・・・なんてぶつぶつ言いながら食べていたのですが、なんと!食べて数日ですぐに効果が

便秘改善効果がある

まず、便秘で2週間ウンチが出ない私が、毎日便が出るようになったということ、それから今まではけなかったジーンズがふたたびはけるようになったということです。この効果には本気でびっくりしました!だって、本当に信じていなかったのですから。

 

スーパーフードとかいう名前、ちょっとうんくさいじゃないですか。いやいや、今じゃ、うんくさいなんて言ったらチアシードさんに怒られそうです。万歳、チアシード様って感じです。よりチアシードが身近になって、なくてはならない存在になるかもしれません。

 

>チアシードの詳細はこちら

ブラックチアシードとホワイトチアシード特徴の違い

チアシードは、メキシコや南米で古代より栽培されてきた、シソ科ミント属の果実「チア」の種です。チアシードは栄養価が高く、食物繊維も豊富なことからダイエットや美容に良いと言われ世界中で人気のあるスーパーフードです。

 

このチアシードには、ブラックチアシードとホワイトチアシードがあるんですよね。これら2種類は、見た目の違いだけではなく、栄養価や水に浸した時の膨張率に違いがあります

【膨張率の違い】

チアシードは水に浸すと透明のジェル状のものに覆われ、膨張する特徴を持っています。その膨張率は、ブラックチアシードとホワイトチアシードでは違いが見られます。このジェル状のものは、グルコマンナンという成分でこんにゃくにも含まれています。

 

ブラックチアシードは約10倍の膨張率ですが、ホワイトチアシードは約14倍の膨張率となります。食事制限中のダイエットにチアシードを用いるのであれば、ホワイトチアシードの方が、満腹感が得られお腹の持ちがよいということになります。

【栄養価の違い】

チアシードは古代より栄養価が高く、高エネルギーの食材として重宝されてきました。チアシードにはデトックスに効果的な豊富な食物繊維、成人病やアンチエイジングに効果があるαーリノレン酸の他、ミネラルも豊富に含まれています。

 

商品により違いもありますが、食物繊維、αリノレン酸、リノール酸、オメガ脂肪酸はブラックチアシードに比べ、ホワイトチアシードに多く含まれています。鉄分やマグネシウムなどミネラルは、ブラックチアシードに多く含まれているようです。

【見た目の違い】

ブラックチアシードは、一見するとカエルの卵のようにも見えるため、使う人により好みが分かれるかもしれません。ホワイトチアシードは、色が白いためメニューを選ばないという使いやすさがあります。

 

ブラックチアシードとホワイトチアシードは、栄養面では大きな差はありませんが、膨張率や食物繊維・オメガ脂肪酸の多さから、成人病予防やデトックス行いたい方、ダイエットで食事の量を減らしたい方にはさらに効果を発揮する「ホワイトチアシード」がおすすめです。

チアシードは美肌効果絶大!?そのわけとは

最近、その美容効果やダイエット効果で注目を浴びているスーパーフードの1つ、チアシード。実は美肌効果も高いことがわかっています。チアシードは、南米を原産国とするサルビア・ヒスパニカという植物の種です。

 

水分を含むとジェル状になり、約10杯に膨らむのでとても腹持ちがよく、グルコマンナンなどこんにゃくにも含まれている食物繊維もたっぷり含まれています。食物繊維は、老廃物を体内から排出し腸内環境を整える働きがあるので、便秘解消に効果的です。

 

便秘は美肌の大敵。腸内に溜まった有害物質や老廃物は、腸から血液中へ吸収され、毛穴から外へ排出されるのですが、そのときに肌の新陳代謝が追いつかず、毛穴の汚れが取りきれないため肌のくすみや肌荒れの原因になってしまうのです。

 

また腸内環境が悪くなると、肌の新陳代謝をつかさどる自律神経が乱れるため肌トラブルを起こしやすくなります。

 

美肌には欠かせない栄養素

また、チアシードには、カルシウム、ミネラル、必須アミノ酸など、美肌には欠かせない栄養素もたっぷり。カルシウムには、高い保湿効果や皮膚の新陳代謝を促す効果があるのですが、それによりシワや乾燥を防ぐことが期待できます。

 

さらに、チアシードにはアンチエイジング効果が高いミネラル成分の亜鉛も含まれており、肌細胞の正常な分裂を促したり、ニキビやびらんなどの肌トラブルの予防に効果を発揮します。そして豊富なカリウムが、保水バランスを整え、むくみを防ぐだけでなく、新陳代謝を促して肌荒れを防ぎます。

 

また抗酸化作用のあるセレニウムも含まれており、皮膚の細胞の元になる鉄分も豊富に含まれています。さらにチアシードは、体内で生成することのできない必須アミノ酸の全9種類のうち、8種類を含んでいます。アミノ酸は肌の保湿に欠かせない成分で、肌にハリや弾力を与えるコラーゲンの元になります。そのため、アミノ酸の不足は、肌荒れやシワ、シミの原因になってしまうのです。

オメガ3脂肪酸

その他に特筆すべきなのが、チアシードに含まれているオメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は体内で生成することのできない必須脂肪酸で、血流を整え肌の代謝を促す作用があります。

 

この肌の代謝により保湿成分のセラミドが生成されるのです。またオメガ3脂肪酸には、活性酸素を除去する働きもあります。

 

このように美肌に導いてくれる成分がたっぷり含まれているチアシード。毎日摂取すれば、早い人なら、肌がターンオーバーする1ヵ月後には効果が実感できるかもしれません。お肌が荒れがちな敏感肌やダイエット中の人、年齢肌が気になる人への強い味方といえるでしょう。

チアシードの口コミから見るチアシードの効果とは

今回4名の方に実際にチアシードを食べてどのような効果があったのかアンケートに答えていただきました。

 

チアシードを買おうと思ったきっかけは?

いつも行く店でよくみかけたから。

チアシードを試してみてどうでしたか?

チアシードは一日大さじ一杯が目安ですが、大さじ一杯のなかにたんぱく質、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。前の日から水でふやかして柔らかくしてヨーグルトやサラダにかけて食べてます。オメガ3脂肪酸が摂れるのもいいです。
食べはじめると、ないと落ち着きません。肌つやもよくなり、少し痩せた気がします。ぶよぶよした食感も好きです。

チアシードを買おうと思ったきっかけは?

ダイエットと便秘対策。

チアシードを試してみてどうでしたか?

満腹感がすごいと聞いてどんな感じなんだろうと好奇心が湧き購入しました。私のお腹がおかしいのかもしれませんが、満腹感はまあまあで、一食丸々抜けるほどではありませんでした。
総カロリーは抑えられたので、痩せることはできましたよ。お通じに関しては、毎日不規則だったものが、朝きちんと出るようになりました。そのお陰で健康的になった感じがします。

チアシードを買おうと思ったきっかけは?

夫が魚嫌いで魚と同じ成分のEPA,DHAになる成分が含まれていると知り、買おうと思いました。

チアシードを試してみてどうでしたか?

チアシードはごまみたいな感覚でサラダにかけたり、水につけてしばらくすると種の周りがプルプルになるのでそれをヨーグルトにかけたりして食べています。
夫が魚嫌いでなかなか魚を食べる時が少ないですが、魚と同じ成分になるEPA,DHAが含まれているのでチアシードのおかげで魚を食べなくても気にならなくなりました。

チアシードを買おうと思ったきっかけは?

家族から勧められて買おうと思いました。

チアシードを試してみてどうでしたか?

チアシードを食べ始めるまでずっと便秘、不規則な排便に悩んでいました。食べるようになった理由は、色々な栄養素が一度にたくさん取れるからという理由で、特に便秘改善の為!
と思って始めたわけではありませんが、毎朝ヨーグルトに混ぜて食べるようになってから排便のリズムも整い、気が付いたら便秘やお腹の張りも改善していました。

わたしのチアシードの食べ方

ヨーグルトに混ぜたり、スムージーに入れたりするのが食べやすくておすすめです!チアシード自体に味があまりないので、ヨーグルトなどの味を邪魔せずプチプチとした食感と合わさって美味しくいただけます。

 

ちなみに、わたしの食べ方ですが、毎朝起きたときに、朝食の代わりに、4個入りのパックヨーグルトの中に、小さじ一杯ほどのチアシードを混ぜて、20分から30分ほど放置してから食べます。

 

自分の母親は、「5分程度でも大丈夫だよ」と言っていたのですが、ネットで調べたら、30分から1時間程度が望ましいと書いてあったので、20分から30分ほどヨーグルトにつけて食べています。

 

はじめは5分つけて食べていたのですが、それだとチアシード特有のねばねばがあまり出てこないため、私は20分から30分という若干長い時間つけているのですが、これくらいヨーグルトの中につけていると、ねばねばが倍くらいになって、効果を更に感じることが出来ます。ダイエット中の方にはスープに入れてみるのはいかがでしょうか?満腹感が得られやすいのでぴったりですよ!

 

問題は作るのがメンドクサイ

最初は水で戻したりして、ぶわっと増える感覚が楽しいものでした。(増えるところを眺めてたり)徐々に長時間戻し作業をするのが面倒くさくなってきて・・・食べるの放置。なんて時期もありどうしたものかと思っていました。

 

やはり、手軽に食べたいんですよね。コレ重要!

 

そこで今現在食べているのがこの『わたしとよりそうスムージー


 

農薬不使用のホワイトチアシード配合で話題のチアシードとスムージーが一緒に!ダイエットにも良いし、もちろん栄養補給としてもと〜ってもオススメです♪

 

いまや私の中で毎朝の食事にかかせなくなってしまったチアシードですが、これからも自分のベスト体重になるまでしばらくお世話になると思います。目指せ!スリムボディ!継続的に適切な量を摂取することで健康な自分を目指しましょう!

チアシードに副作用はある?

今人気のチアシード、チアシードは便秘やダイエットに効果があるスーパーフードとしてとても注目されているアイテムです。栄養価も高く、食物繊維が大量に含まれていて健康食品としてとても効果が高く注目されていますが副作用はないのでしょうか?

 

便通を良くしてくれる反面・・・

チアシードは水溶性食物繊維は多く含まれていて、便通を良くしてくれる効果があります。しかし摂りすぎると便通もよくなりすぎてしまい、つまり下痢をしやすくなってしまいます。効果があるからといっても取りすぎるとお腹を下してしまうので気を付けてくださいね。

 

チアシードの食べ方に注意!

チアシードは見た目は小さなゴマみたいな粒です。水に浸すと膨張してゼリー状になり、10倍程度膨らむので満腹感を得られるためにダイエット食としてとても人気が高い製品です。

 

しかし水に浸してない状態で食べてしまうと発芽毒という成分が体に負担をかけてしまいます。水に浸すことで抑えられて影響が少なくなるので体に負担をかけないためにも水に浸してから召し上がってください。

 

また、そのまま食してしまうと胃の中の水分を吸収してしまうので、逆に便秘になってしまう恐れがあります。体内で膨らんで窒息の恐れもあるので絶対に水に浸して膨張させるか、しっかりと水分を摂取しながら食べましょう。

 

チアシードは食品ですので、アレルギー反応を起こすこともあります。もし痒みや湿疹などの症状がでた場合は摂取するのをやめて病院に行ってください。

 

副作用もありますが正しく使用していれば防げるものも多いです。しっかりと使い方を理解して摂取して健康的になりましょう♪

更新履歴