食事制限によるダイエットでリバウンドしてしまう理由

食事制限をする時には、どのくらいの量を減らして、どの栄養素は摂取するか、きちんと考える必要があります。

 

単に体重を落としたいという場合は、カロリー摂取量を減らすために食事制限をするば済みますが、それではリバウンドしやすくなってしまいます。

ストレスによる過食

リバウンドしないようにダイエットをしたい場合は、食事制限をする場合でも、糖質を減らすなり、脂質を減らすなりの方針が必要です。ダイエットをした時にリバウンドが起きるのは、栄養の欠乏のせいで代謝が下がりすぎたり、食事制限のストレスで食べ過ぎたりするためです。

 

脂質や、糖質など、高カロリー食材の摂取量を減らすことが、適度な食事制限をしたい時に減らすべき食材です。脂質や糖質を含む食べ物はおいしいものが多く、これらの食べ物を我慢することがストレスとなり、ダイエット後にドカ食いをしてしまうことでリバウンドにつながってしまいます。

代謝が落ちて体脂肪が増える

食事の摂取量が少ない期間が続くと、人間の体は食事で得たカロリーを無駄遣いしないように代謝を落として体脂肪を増やそうとします。

 

食事からの栄養摂取が十分でない期間が続いていると、久しぶりに食べた食事も、できるだけ使わず、身体で蓄積しようとします。代謝を低くすることで、できるだけ余剰カロリーを多くし、余った分のカロリーは脂肪にして貯め込みます。

 

急激なダイエットをしようとせず、毎月少しずつ痩せていくために、極端な食事制限はせずにゆるやかなカロリー制限にします。

 

前進にバランスよく筋肉をつけて基礎代謝の高い体になるには筋トレが有効です。体内に蓄積されている脂肪を燃やすには、有酸素運動がいいでしょう。食事制限でリバウンドしてしまう理由をきちんと理解して上手にダイエットをすれば、必ず成功に導くことができるでしょう。